学戸小学校 校歌  

音符です

山田耕筰が作曲し、サトウハチローが作詞。

 蟹江町内のもと教育委員、山田清三さん(故人)が、耕筰に作曲を依頼したのは、1952(昭和27)年。蟹江小学校は明治5年に開校しながら校歌がなかったため、山田さんが詩人の白鳥省吾氏(故人)に依頼した文語体の作品を持って東京の耕筰を訪ねた。

 耕筰は、祖母が今村(現在の蟹江町今)の出身だったこともあり、この依頼を快諾。だが、「小学校の校歌は口語体の方がいい」とアドバイスし、作詞家のサトウハチロー氏(故人)を紹介していただき、二人の作詞、作曲で翌53年に同校の校歌ができあがった。現在、町内の5小学校とも同じ歌各節終わりにくる学校名がのみがそれぞれの学校名となっている。

【2000年9月26日 中日新聞 尾張版より】
  
ピアノの画像ですここをクリックすると、校歌の一番(歌声)が聞けます
<注意>MP3ファイルなので接続状態により再生されるまでに少し時間がかかります。
MP3ファイルを再生するプレイヤーがないと聞けません
Windows Mediaplayerのダウンロードはここからできます

すずめは屋根から カラスは木から
毎朝カバンを ながめてる
春にはつばめが 秋にはもずが
帽子のきしょうを のぞいてる
小鳥よお聞きよ 教えてあげよ
明るい学校 学戸小学校 
ずらりと並んだ ガラスのおまど
中から聞こえる もれてくる
毎日毎日 かわいい声で
いろはにほへとや あいうえお
だれもが一度は おぼえることば
明るい学校 学戸小学校 
草の芽 草の葉 すくすく育つ
負けずに みんなも伸びていく
木枯らしふくころ 草の葉かれる
みんなは枯れずに また伸びる
元気な友達 やさしい先生
明るい学校 学戸小学校 
一二の三四は 算数 体操
ピアノで覚える 歌の数
外でも勉強 トンボにチョウチョ
タンポポ ひまわり 菊の花
くわしく調べて 互いに話す
明るい学校 学戸小学校 
春夏秋冬 風ふく朝も
雨でも雪でも みぞれでも
あの子もこの子も こんちは おはよう
えらいぞ はげめと 鐘が鳴る
雀がみている からすがのぞく
明るい学校 学戸小学校 

音符です